採用・募集情報

初期臨床研修医

「信州」で「あなたのプライマリケア」一緒に探しませんか

医師としての第1歩である「プライマリケア」を「地域医療の実践」の中で身につけてみませんか。
熱意ある皆さんをお待ちしています。

佐久総合病院 佐久医療センター

研修医より

皆様は、初期研修先の条件として何を考えますか。プライマリーの能力をと考えられる方が多いと思います。それを鍛えるのに恰好な病院こそ佐久病院だと思います。具体的な条件を挙げますと、??地域の中核病院である事??総合外来を担当できる事の二点が挙げられると思います。??に関しては、一次から三次までどんな患者さんもいらっしゃるし、万が一、重大な疾患の見逃しがあったとしても必ず患者さんは当院に再診する、という事です。それは他に行く病院がないからです。仮にそのような事があったとしても必ず上級のDrからフィードバックがかかり、研修医にとって最高の勉強になります。また、??に関しては日中の外来を研修医が上級のDrの指導の元担当できるという事です。普通初期研修医は救急外来の担当のみが多いと思いますが、当院は違います。総合外来では救急外来とは違いその日を乗り切ればいいというものではないため、明日再診して下さいというごまかしはききません。また、病棟で患者さんを治療するのと外来で治療するのとでは環境が全然違います。外来患者さんは病室の何分かの間に全ての問診・診察・検査を行わなければいけないからです。施行し忘れたものがあっても気付いたら患者さんは帰られています。そこが外来の難しさですが、だからこそ勉強になる場なのです。
 ちなみに今年は初期研修医の三分の二以上が後期研修医先に当院を選んでおり、当院が魅力的である事の一つの指標になる数字だと思います。 皆様も是非当院に見学にいらしてください。お待ちしています。

研修医より

皆さん、こんにちは。当院は、千曲川のほとりにある日本一海から遠い病院です。病院の外観は決して褒められたものではありませんが、当院のウリは何と言ってもハードよりソフト、スタッフの質にあると思います。何よりも熱い先生が多いです。先生方は、研修医上がりの先生も多いため、教育熱心ですし、とても勉強になります。しかし、ハード面でも自慢できるものもあります。長野県でただ一つのドクターヘリを備えており、長野県東信地区の最後の砦として救命救急をはじめ、外観に似つかわぬ先進医療を進めています。皆さん、ESDはご存知ですよね。これは当院の胃腸科部長が先駆者なんです。毎年、日本中から先生方が研修にいらっしゃいます。初期研修でその技術の真髄を学ぶのもいいかもしれません。
もう一つの特徴として、住民の生活を考えた医療を展開していることが挙げられます。大規模病院は、どうしても入院から退院まで診た患者さんのその後の生活までは手が回らないことが多いのですが、当院は地域ケア科が病院を退院した後の往診を行なっています。患者さん中心の医療を大切に守っています。私が当院での研修を志したのも、そういうことを大切にしている病院で研修がしたかったからです。皆さんも私たちと一緒に、この先進医療と地域医療が混在するこの当院で研修してみませんか。ぜひお待ちしています。

指導医より

当院での研修の特徴は、週1回の総合外来、地域診療所研修など地域に密着した研修からドクターヘリを含む高度救急医療まで幅広い研修が可能なところです。総合外来研修では週1度の午前に初診外来、午後にカンファレンスで症例の振り返りを行います。外来という限られた時間の中でどのように患者さんの抱える問題にアプローチしていくかを学びます。また、診療所での外来や訪問診療の研修で病院の中だけでは見えない地域住民の生活と医療のつながりを考えることが出来ます。そのような研修をベースとして各専門科のローテートを行います。2年間の研修を通して、医師として目の前の患者に何が出来るのかを考える姿勢と問題を解決する力を身につけてもらいたいと思います。この病院、地域を支えたいという思いを持った医師、コメディカルが集まっています。興味のある方は是非見学に来てください。

お問い合わせ

〒384-0301 佐久市臼田197番地
佐久総合病院 人材育成推進室 土屋

TEL:0267-82-3131(内線551)/FAX:0267-82-7533
E-mail:rinken@sakuhp.or.jp

小諸厚生総合病院

研修医より

当院の臨床研修の特徴は、指導医の先生方が教育熱心であり、科を越えて相談できる雰囲気があることです。実際に、ローテートしている科以外の先生方から医局や病棟で気軽に声を掛けてもらえます。また、研修医が経験できる症例や手技の数が多いことも挙げられます。熟練した先生が多いせいもあり、手技も積極的に研修医に回ってきます。この病院ではCommon Diseaseを学ぶ上で申し分ない環境が用意されています。
研修医の待遇は満足のいくもので、病院から車で3分のところに職員寮があり、家賃・光熱費は無料。一人暮らしの人にはかなり広い間取りです。このような環境の下、全職員の顔が見える規模の当院で充実した研修生活を送っています。

指導医より

当院は「医療は住民のもの」という標語のもと、小諸市をはじめ浅間山麓地域の基幹病院として地域に根ざした医療を実践しています。病床数320床、アットホームな中規模総合病院です。臨床経験豊富な熱意ある指導医・気さくで優秀なコメディカルが多数在籍し、病院全体で研修医を育てようという雰囲気があります。救急医療から在宅医療、検診予防活動と幅広い研修を受けることができ、プログラム自身に柔軟性を持たせ研修医の希望に沿うことも可能です。まずは、軽井沢・千曲川・浅間山・八ヶ岳に囲まれた当院にぜひとも見学においでください。本当の良さがすぐに分かります。

お問い合わせ

〒385-8588 長野県小諸市与良町3-2-31
JA長野厚生連 小諸厚生総合病院 人事課 上原

TEL:0267-22-1070(代)/FAX:0267-23-8105
E-mail: komokosa@janis.or.jp

北アルプス医療センターあづみ病院

研修医より

2012年4月より北アルプス医療センターあづみ病院で初期研修医をさせていただいています。研修病院を探している方が参考にしていただければと思い、まだわずかな期間ですが特色と実際の印象を挙げさせていただきます。
『研修医を大切に育てている』  『プライマリ・ケア』  『ホスピタリティ』  『精神科や整形外科などの充実』  『自由なプログラム』
特に院長をはじめ病院全体で研修医を大事にしてくださっているのを感じます。
将来の進む科がある程度決まっている方の研修には最適な病院であるのではと私は考えます。

研修医より

私が北アルプス医療センターあづみ病院での研修を希望したのは、精神科に興味があったからです。まず、前提として、初期研修ではできるだけcommon diseaseをみたいという希望があったので市中病院での研修を希望しました。そのため、市中病院で精神科の診療が盛んな病院を探していました。北アルプス医療センターは、312床中90床が精神科病床で、精神科診療にも力を入れており、初期のうちに多くの症例を学びたいと思い、この病院での研修を希望しました。プログラムも自主性を重んじており、自分の興味ある科を長期間選択できるところも魅力の一つだと思います。研修医は二人で多くないので自分たちの要望もいろいろ聞いていただけます。また、職員の方々もみなさんやさしい人ばかりでとてもアットホームな雰囲気の病院だと思います。

研修医より

??初期研修を終えて 当院での初期研修が始まってから早2年が過ぎ、そろそろ終了の時期となりました。この原稿はいまだ雪深い白馬診療所で書いております。一昨年の春に研修医として勤務し始めたころは大きなミスを犯さないか不安でいっぱいでしたが、親切な指導医、職員の皆さんに支えられ、至らない点が多々記憶にありますが、何とか現在に至っております。今春から信州大学呼吸器感染症科で勤務することが決まっております。地域に貢献できる内科医になるべく、今後も謙虚な気持ちで研鑽を積んでいきたいと考えております。

指導医より

当院は安曇野の中央にある総合病院です。急性期医療を積極的に行なっており、地域の中核病院となっています。白馬村の附属診療所やメンタルケアセンターもあり、特に地域医療やプライマリ・ケアを重視しているため、総合力のつく研修を提供できることでは定評があります。初期臨床研修ではマスプログラムによらない研修医一人ひとりの個性を重視した指導を行なっています。病院の雰囲気はアットホームで、指導医をはじめ職員全員が研修医を育てようという気持ちを持っています。病院周辺の環境も大変良いため、家族のいる研修医にとっても安心して研修に励むことができる環境を整えています。雄大な日本アルプスのふもとで研修も研修外の生活も充実したものにしたい諸君を待っています。

お問い合わせ

〒399-8695 北安曇郡池田町大字池田3207番地1 
北アルプス医療センターあづみ病院 臨床研修管理委員会事務局 松本

TEL:0261-62-3166/FAX:0261-62-2711
E-mail:resident@azumi-ghp.jp

長野松代総合病院

研修医より

研修医に患者さんを担当させ、手技をやらせ、その指導をする指導医の立場を考えてみてください。指導医が最初から診察・検査をすればより早く診断・治療に至り、それだけ患者さんの負担も少なくてすみます。しかも、研修医の失敗は指導医が確実にバックアップしなければならないのです。それでも当院の指導医は、研修医に患者さんへのファーストコンタクトを許可します。当院の場合、研修医が全力の覚悟を示せば、指導医は全力で研修医を支えてくれます。

指導医より

「全身を診よう 患者を診よう 診療はそこからはじまる 迷ったら患者のもとに」を臨床研修の中心においています。初期研修プログラムでは、高い臨床診療能力はもちろんのこと、医師としてふさわしい態度・倫理観・より良い人間関係形成力・科学的思考力を身につけたプライマリケアを十分に遂行できる臨床医を育成いたします。医師として学び始める2年間、さわやかなふるさと信州の地で一緒に学びあいましょう!

お問い合わせ

〒381-1231 長野市松代町松代183番地
長野松代総合病院 医師臨床研修センター事務責任者 永岡

TEL:026-278-2031/FAX:026-278-9167
E-mail:taizawa@hosp.nagano-matsushiro.or.jp

北信総合病院

研修医より

地域の中核病院であるため症例数も多く非常に勉強になります。また指導医に指示を仰ぎながらですが、1年目から週に一度総合診療科で外来診療をしているので、多くの経験を積むことができます。大きな病院ですが、分からないことはどの科の先生も熱心に指導してくれます。各科の抄読会やカンファレンス、勉強会が充実しているところもこの病院を選んだ理由です。

指導医より

当院は、長野県の北信地方における拠点病院として子どもから高齢者まで、幅広い年齢層の方々が来院されます。地域の皆さんが健康で楽しく過ごせるように、そして治療が済んだ後に「またこの次もお願いしますネ」と言われるような、患者さんから信頼される医師を育てたいと思っています。患者さんから信頼されるためには、その人の人間性はもちろんのこと、技術的にも高くなければ信頼は得られません。
当院のプログラムは個人の将来設計にプラスとなるように最大限の希望を取り入れています。患者さんに優しい気持ちで対応できる医師となれるように、皆さんと一緒によく「働き」、よく「学び」、よく「遊ぶ」ことを楽しみにしています。

お問い合わせ

〒383-8505 中野市西1丁目5番63号
北信総合病院 秘書課 田中

TEL:0269-22-2151/FAX:0269-22-2426
E-mail:hokubyou@hokushin-hosp.jp

篠ノ井総合病院

研修医より

篠ノ井総合病院は長野市南部の基幹病院であり、救急車の受入れ数も多く、数多くの症例を経験することができます。中でも毎朝の救急カンファレンスはプレゼンテーション能力を磨く良い機会であると同時に多くの疾患の初期治療について学ぶことができます。
また、4月には他の職種の同期と研修する時間が設けられており、そこで皆仲良くなる為にどの病棟に行っても疎外感を感じることはなく、馴染めるのも当院の良いところです。
その他仕事だけではなく、楽しめるイベントも多いので、2年間充実した研修生活を送ることができると思います。
ぜひ、篠ノ井総合病院で一緒に研修しましょう。

研修医より

中規模病院ですが、症例は多く、1年目から多種多様な症例を経験できます。当院が地域の救急医療において果たす役割も大きく、当直も重要な研修の一つとなっています。前日の当直に対する救急カンファレンスが毎日開かれることが特徴で、多科の医師によって症例検討がなされ、さまざまな症例を見ることができ、研修医にとって大変勉強になります。また研修だけでなく、病院祭などの行事やスキー合宿といった長野ならではのイベントも多く、「よく学び、よく遊べ」をモットーにのびのびとした研修を送ることができます。

指導医より

高い専門性を発揮しながら、長野市南部の基幹病院として幅広く地域医療に貢献している「まじめで忙しい」病院です。全職員が医師研修に協力的であることと各科の垣根が低く連携の良い点が、優れた指導体制・研修環境に結びついています。毎朝の救急カンファレンス、月1回の病理カンファレンスや医局勉強会、年5??6回のCPC、学術講演会、年1回の院内研究発表会など、すべて全医師を対象として楽しく行われています。ぜひ見学に来てください。

お問い合わせ

〒388-8004 長野市篠ノ井会666番地1
南長野医療センター篠ノ井総合病院 臨床研修科 酒井

TEL:026-292-2261/FAX:026-293-0025
E-mail:shinogaf@grn.janis.or.jp

富士見高原病院

研修医より

小さい病院ですが、すべての先生方・コメディカルスタッフにかわいがってもらえるというぜいたくな環境で日々研修しています。困ってもすぐに相談できます。また、町は高原リゾート地にあり、病院も町も居心地がとても良いです。ぜひ一度見学に来てください!

指導医より

当院は地域密着型の病院でcommon diseaseには事欠きません。中小規模の病院であるため医師間の連携あるいはコメディカルとの連携が密であり、多くのことを学ぶことが可能です。また、各年次の研修医の募集人数は2名のみであり、指導医からマンツーマンで指導を受けることができます。さらに協力型病院である佐久総合病院において最新の高度救急医療などを学べることもプログラムの魅力の一つです。

お問い合わせ

〒399-0214 長野県諏訪郡富士見町落合 11100番地
JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター 採用担当 人事課

TEL:0266-62-3030/FAX:0266-62-5188
E-mail:jinji.ka@fujimihp.com

病院別詳細情報

募集中の病院一覧
佐久総合病院 小諸厚生総合病院 北アルプス医療センター 長野松代総合病院 北信総合病院 篠ノ井総合病院 富士見高原病院
お問い合わせ

〒380-0826 長野市大字南長野北石堂町1177-3(JA長野県ビル)
JA長野厚生連 人材確保対策室 人材確保対策課 医師臨床研修係

TEL:026-236-2305/FAX:026-236-2307
E-mail:jinji.kou@nn-ja.or.jp

採用・募集情報

採用・募集情報